効果

スポーツでたまった疲れにはクエン酸が効果あり!

投稿日:2015年6月10日 更新日:

スポーツをすると疲れを感じます。

身体を動かすから当たり前と思うかも知れませんが、そもそも疲れとは何なのか?

もし疲れにくい身体を手に入れられるとしたら、それに越したことはないと思いませんか?

 

疲れを感じるのは乳酸のせい

ヒトの身体はエネルギーを生み出す過程で様々なものを生み出します。

そのうちのひとつ、疲労を感じさせる物質として「乳酸」があります。

体内で乳酸が蓄積されるとヒトは疲れを感じます。

乳酸が身体の中で発生しても分解されれば問題はありませんが、スポーツをするとどうしても筋肉組織に蓄積されやすくなります。

そしてその乳酸が肩にたまれば肩こりとなり、腰にたまれば腰痛という形になって表れます。

その乳酸を解消する働きがあるのがクエン酸です。

スポーツの後は特に意識してクエン酸を摂取することがお勧めです。

乳酸は血液を酸性にするはたらきがあるため、放っておくと疲れを感じるだけでなく、病気にかかりやすい体質になってしまいます。

筋肉も硬くなり、肩こりやケイレンを誘発します。

ちなみに人間が死ぬと死後硬直が起こりますが、これは乳酸の仕業です。

体内の乳酸は蓄積されないように、速やかに取り除く必要があります。

取り除く方法は血流を良くすることと、クエン酸を摂ることです。

 

血流を良くするには?

血液の流れを良くするためには入浴後のマッサージ、特にコリの出ている箇所を入念に行うことで血流は良くなります。

ストレッチも血液の流れが良くなり、さらに筋肉の柔軟性を保つ効果があります。

ストレッチはスポーツの前後だけでなく、ストレッチを生活の習慣としてちょっとした空き時間で行うようにすると良いですね。

 

クエン酸の摂り方は?

クエン酸を摂るコツは、一度に大量のクエン酸を摂らず、こまめに補給することです。

クエン酸の効力は長くありません(4時間くらい)ので、少量をこまめに補給しましょう。

参考までに、管理人は一日で15グラムを目安に、水に溶かして水筒や数本のペットボトルに入れて飲んでいます。

一日のうち数課に分けて飲むことによって、クエン酸を常に身体に保っておくイメージで補給しています。

▶▶Amazonでクエン酸を見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-効果
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

糖尿病に効くクエン酸

クエン酸は糖尿病に非常に効果があります。 糖尿病は血糖値が上がることにより、様々な症状が身体に現われますが、クエン酸は血糖値を下げる働きがあります。 クエン酸を継続して飲み続けることにより、半年で血糖 …

クエン酸に副作用はあるのか?

クエン酸を飲み始めるとごくまれにではありますが、体調が悪くなったという人がいます。 しかしクエン酸に副作用はありません。 それは学会でも確認されています。 クエン酸を飲み始めて体調が悪くなったと感じた …

クエン酸は身体をアルカリ性にする効果あり

私たちの身体は常に弱アルカリ性を保とうとする働きがあり、血液中のPH(ペーハー)値は通常7.3~7.4くらいに収まります。 しかし血液が酸性に傾くと体内でバクテリアが増え、身体の不調をきたすようになり …

あなたの身体、酸性体質になっていませんか?

人間の身体は本来は弱アルカリ性です。 しかし肉類中心や、野菜不足の食生活を送っていると、身体が酸性に傾きやすくなります。 身体が酸性になると、様々な症状が現れるようになり、体調不良を訴えるようになりま …

ストレスに勝つためにクエン酸を飲むと効果的!

現代の生活においてストレスと無縁だと言う人はほとんどいないのではないでしょうか? 仕事や家事、育児はやりがいを感じると同時にストレスを感じる場面が必ずあります。 スポーツや趣味によりストレスを上手く解 …

私とクエン酸

クエン酸と出会って私の人生は大きく変わりました。
クエン酸の効果についての情報をあなたとシェアしたいと思います。